マーケティングの考え方は「4P」から「4C」へ


こんにちは、ねこびよりです。

今日はいつもより少し

ビジネスチックな話をしていきたいと思います。

マーケティングの考え方は時代と共に変化していて、

以前は「4P」が主流でしたが今では「4C」になっています。

ということで、今日はこの

「4P」と「4C」について解説していきますね。

「4P」とは?

マーケティングについて勉強していると

「4P」とか「4C」とかいう言葉が出てきますよね。

じゃあ、この「4P」って何なのか?というと、

・Product(製品)

・Price(価格)

・Place(場所)

・Promotion(販売)

のことです。

これらの頭文字をとって「4P」と言います。

分かりやすく言うと、

どんな製品を、いくらで、どんな市場で売るか?

ということですね。

市場からターゲットを選定し、

そのターゲットに対してどんな製品が必要か考え、

ターゲットに効果的な手法で販売する。

こう聞くと「おっ」と思う人がいるんじゃないですか?

そう、このやり方はネットビジネスで

当たり前に使われていますよね。

これが「4P」に基づくマーケティングです。

きちんとお客さんに寄り添って

正しい方法で商品を売ればいいのですが、

ネットビジネス、特に情報商材ビジネスでは

商品の中もが見えないことをいいことに

「とにかく煽って売りつける」という

行き過ぎたやり方が目立ってきています。

こういったやり方で商品を売ってしまうと、

せっかく商品を買ってくれたお客さんが定着しません。

煽って買わされた、騙された。

お客さんはこんな風に感じてしまうので、

どんどん離れて行ってしまうでしょう。

つまり、商品を買ってもらうためには

常に新しいお客さんを集め続けることになります。

これって、ものすごく非効率ですよね?

新規の人を集め続けるということは、

集客が止まった瞬間に収入もゼロになるということ。

常にゼロからのスタートをやり続けるようなものです。

ネットビジネスが出てきてすぐの頃は

このやり方でも稼げましたが、今はそうもいきません。

似たような商品がたくさんあって、

お客さんの方もある程度もモノは持っているからです。

単純に「商品を売る」ことだけを考えても

なかなか稼げない時代になってきているんですね。

「4C」とは?

そこで、新しく「4C」という考え方が出てきました。

「4C」とは、

・Customer Value(顧客価値)

・Customer Cost(顧客コスト)

・Convenience(利便性)

・Communication(コミュニケーション)

のことです。

単に、商品を誰にどこでいくらで売るか?ではなく

お客さんの視点から考えることが必要だということです。

消費者から見たメリットは何か?

消費者が必要としているのは何か?

を考えるべきだということですね。

実は、商品自体はそんなに大事ではないんです。

もちろん、ゴミみたいな商品を作ってもダメですが

いくら凄いモノを作ったとしても

「こんなスゴイ商品なんだから買って!」

と言ったところで誰も買ってくれないです。

どんなに優れた商品であっても、

お客さんにとって要らないモノであれば

どう頑張っても売れません。

これは、ビジネスが一歩進んで

販売者主義から顧客主義に変わったことを意味します。

・・・と、こんな感じで

マーケティングの考え方は「4P」から「4C」に変化しています。

これを知っているだけでも

お客さんに寄り添ったビジネスができるんじゃないのかなと。

こちらの記事も参考に読んでみてくださいね。

それでは!

ネットビジネスの教科書を無料公開中!

私は今、某国立大学に通う21歳の大学生です。

もともとは普通の大学生活を送っていましたが、

ひょんなことからネットビジネスに出会い、

まったくのゼロからネットビジネスをスタートしました。

これまで十数万円を教材に投資して学んだことを踏まえて、

ネットで稼ぐとはどういうことか?

情報発信の本質とは何か?

実際にどんなことをやっていくのか?

を分かりやすくまとめた教科書を作りました。

今回、この電子書籍を期間限定で無料公開しています。

この教科書では、

ネットビジネスが稼ぎやすい理由

ネットビジネスの魅力とメリット

成功するためのマインドセット

DRMの具体的な仕組み

コピーライティングの基礎

文章力をレベルアップする方法

などを大公開しています。

無料で受け取れるので興味のある人は

ぜひ読んでみてくださいね。

「NET BUSINESS COMPLETION:情報発信者のバイブル」を無料で読んでみる

最後まで読んでいただきありがとうございました!

もしこの記事が役に立った!と思ったら、SNSなどでシェアしていただけるとすごく嬉しいです(^^)

こちらのボタンからシェアできます↓