インバルブメント効果:強制的に人を行動させるテクニック!?


こんにちは、ねこびよりです。

突然ですが「インバルブメント効果」って知ってますか?

・・・

いや、知らんし。

何それ・・・?

っていう人がほとんどだと思います。

私もこの記事を書くまで知らなかったので

安心してください!笑

ということで、今回は「インバルブメント効果」について

お話ししていこうと思います。

ちょっと難しい概念かもしれないですが、

できるだけ分かりやすく説明していくので

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

インバルブメント効果とは?

それではさっそく、解説していきます。

インバルブメント(involvement)とは

日本語で言うと「巻き込み、関与」という意味です。

ネットビジネスで言うインバルブメント効果というのは、

お客さんにも参加してもらって、行動してもらい、

商品を売れやすくするためのテクニック

ということですね。

このテクニックを、例えば

ステップメールやセールスレター、

普段のブログなどに盛り込んでいくことで

成約率が上がっていくと思います。

人間というのは、

参加したものに強い愛着を覚える生き物です。

自分が参加したコミュニティや企画には

自然に愛着を覚えるようにできているんですね。

この心理を使ったテクニックが「インバルブメント効果」です。

例えば、これを使いこなして成約率が5%上がったとしたら、

読者が100人いれば月の収益が5万円くらい増えるし、

1000人いれば月50万円も増えます。

となると、このテクニックを使わない手はないですよね。

ここでは、簡単に使える

インバルブメント効果のテクニックを紹介したいと思います。

読者を巻き込んで話す

一つ目は、読者を巻き込んだ口調で話すということです。

例えば、こんな感じ。

昨日は、玄関に鏡を置いていると運気が下がるというお話をしましたが、もう玄関に鏡なんか置いていないですよね?

というような感じで、付加疑問文で文章を書いていきます。

~~~ですよね?

~~~しましたよね?

~~~だから~~~したんですよね?

こんな風に書いてあげれば

読者さんは心の中で「うん、うん」とうなずきながら

文章を読み進めてくれます。

そうやっていくと、最終的には

この商品を買いますよね?

と言われたときに、

自然と「うん」と答えてしまうんですね。

こうして、自然に成約率を上げることができるわけです。

ツッコミを入れて話す

二つ目は、第三者にツッコミを入れる形で話すということです。

例を挙げるとこんな感じ。

この商品の価格は10万円です。

・・・

高い!と思いましたよね? でも、実はこの商品~~~。

というように、ツッコミを入れて

読者さんの気持ちを代弁していきます。

すると読者さんは「うん、そう」というように

さらに相づちを打ながら文章を読んでいってくれます。

効果的にインバルブメント効果を使おう

以上がインバルブメント効果についての解説と、

簡単に使えるテクニックでした。

こういったテクニックは、

商品を販売するまでの流れの中で上手く使えば

成約率を数%上げることが可能です。

読者さんの心理をうまく汲み取って、

効果的にインバルブメント効果を使っていきましょう。

ちなみに、このテクニックは

この記事の冒頭でも使っていたんですが気がつきましたか?

それくらい簡単に使えるテクニックなので、

ぜひ使ってみてくださいね。

それでは!

ネットビジネスの教科書を無料公開中!

私は今、某国立大学に通う21歳の大学生です。

もともとは普通の大学生活を送っていましたが、

ひょんなことからネットビジネスに出会い、

まったくのゼロからネットビジネスをスタートしました。

これまで十数万円を教材に投資して学んだことを踏まえて、

ネットで稼ぐとはどういうことか?

情報発信の本質とは何か?

実際にどんなことをやっていくのか?

を分かりやすくまとめた教科書を作りました。

今回、この電子書籍を期間限定で無料公開しています。

この教科書では、

ネットビジネスが稼ぎやすい理由

ネットビジネスの魅力とメリット

成功するためのマインドセット

DRMの具体的な仕組み

コピーライティングの基礎

文章力をレベルアップする方法

などを大公開しています。

無料で受け取れるので興味のある人は

ぜひ読んでみてくださいね。

「NET BUSINESS COMPLETION:情報発信者のバイブル」を無料で読んでみる

最後まで読んでいただきありがとうございました!

もしこの記事が役に立った!と思ったら、SNSなどでシェアしていただけるとすごく嬉しいです(^^)

こちらのボタンからシェアできます↓