ヒーローズ・ジャーニーから学ぶ、人を動かすストーリーの「型」


こんにちは、ねこびよりです。

今回は「共感を得て人を動かすストーリーの型」

というテーマで書いていきます。

少し前のブログでは、

ストーリーで伝えることの大切さについてお話ししましたね。

まだ読んでいない人はこちらから読んでみてください。

最初に言ってしまうと、

人を感動させるストーリーには「型」があるんです。

なので、この「型」にはめてコンテンツを作れば

人の共感を得ることができるというわけです。

ヒーローズ・ジャーニーとは?

有名な型が「ヒーローズ・ジャーニー」というものです。

映画や漫画はその典型で、

基本的にこの型にそって進んで行くんですね。

ヒーローズ・ジャーニーは、

1.Calling:天命

2.Commitment:旅の始まり

3.Threshold:境界線

4.Guardians:メンター

5.Demon:悪魔

6.Transformation:変容

7.Complete the task:課題完了

8.Return home:故郷へ帰る

という8つの流れからできています。

詳しく見ていきますね。

1.Calling:天命

物語の始まりです。

主人公は、人との出会いや不運な事故など

さまざまなきっかけでこれから始まる旅のミッションを見つけます。

2.Commitment:旅の始まり

主人公は旅を始めます。

しかし、自分の進む道はこれでいいのか?

と天命を受け入れることができずに葛藤や戸惑いが生じます。

また、何かしらの出来事によって

今に留まるのか?それとも新しい世界へ進むのか?

という選択を迫られ、最終的に新しい世界へ足を踏み入れます。

3.Threshold:境界線

旅を始める決断をした主人公は、ここで最初の試練に遭遇します。

新しい世界へ行く覚悟があるかどうかを試されます。

4.Guardians:メンター

新たなステージへ進んだ主人公は、さまざま経験をします。

その過程で、師やメンターといった仲間に出会い成長していきます。

5.Demon:悪魔

そして、旅を続ける主人公はここで

「悪魔」という言葉で象徴される最大の試練に遭遇します。

悪魔は、敵やライバル、または自分自身などさまざまです。

6.Transformation:変容

悪魔を倒し、克服した主人公は

ここで「英雄(ヒーロー)」へと変容します。

7.Complete the task:課題完了

こうして課題を完了させた主人公は、

これまでの旅を振り返ります。

旅の中で出会った仲間、自分の苦悩や葛藤などを通して

旅の意味を理解します。

そこから得た学びや体験、悟りなどが

物語の中で一番伝えたいメッセージとなるのです。

8.Return home:故郷へ帰る

旅を終えた主人公は、もとの世界に帰って行きます。

まとめると、

主人公が何かをしたいと思って、旅を始めて、新しい世界に行って、

師匠と出会って、敵と出会って、成長して、

敵を倒して(目的を果たして)、故郷へ帰る

ということです。

もっと簡単な「型」

ただ、この「ヒーローズ・ジャーニー」は長いので

この型を使ってストーリーを書いていくのは難しいと思います。

そこで、もっと簡単で誰でも真似できるストーリーの型が

「地獄→天国→主張」です。

ひとつずつ見ていきましょう。

地獄

地獄とは、自分が苦労したり大変だったことです。

例えばお金がなくて貧乏だったとか、

朝から晩までアルバイトで働いていたこととかですね。

この「地獄」を盛り込むことで共感を得ることができます。

共感というのは「大変だろうなあ」とか「分かる!」

という感情なので、地獄を書くことで好感を集められます。

天国

次に天国です。

これは、先ほどの地獄から脱したあとの世界を書きます。

お金を手に入れて自由に過ごせるようになったとか、

毎日大変な思いをしてアルバイトをしなくてよくなった、とか。

天国を書くことで、その世界に行きたい!

と思ってもらうことが目的です。

主張

そして、地獄から天国に行くための「主張」を書いていきます。

人は少し努力すれば、人生を変えられるし成長する。

といったことですね。

この「地獄→天国→主張」の型を使ってストーリーを書くと

かなり共感が得られるコンテンツになると思います。

ストーリーは全て「型」である

さて、今回は人を感動させるストーリーには型があって

有名なのが「ヒーローズ・ジャーニー」

もっとシンプルにしたものが「地獄→天国→主張」

というお話でした。

世の中にあるコンテンツって、

ほとんどがストーリーで書かれています。

映画とか漫画とか、まんまこの「型」で進んで行きますよ。

今日お話しした視点を持って、

映画を見てみると面白いかもしれませんね。

以前の記事も合わせて読んでみてください!

イソップ寓話「北風と太陽」から学ぶ、人の動かし方の話。

それでは!

少しでも役に立ったら、シェアしていただけると嬉しいです(^^)

こちらからシェアできます↓

ネットビジネスの教科書を無料公開中!

私は今、某国立大学に通う21歳の大学生です。

もともとは普通の大学生活を送っていましたが、

ひょんなことからネットビジネスに出会い、

まったくのゼロからネットビジネスをスタートしました。

これまで十数万円を教材に投資して学んだことを踏まえて、

ネットで稼ぐとはどういうことか?

情報発信の本質とは何か?

実際にどんなことをやっていくのか?

を分かりやすくまとめた教科書を作りました。

今回、この電子書籍を期間限定で無料公開しています。

この教科書では、

ネットビジネスが稼ぎやすい理由

ネットビジネスの魅力とメリット

成功するためのマインドセット

DRMの具体的な仕組み

コピーライティングの基礎

文章力をレベルアップする方法

などを大公開しています。

無料で受け取れるので興味のある人は

ぜひ読んでみてくださいね。

「NET BUSINESS COMPLETION:情報発信者のバイブル」を無料で読んでみる

最後まで読んでいただきありがとうございました!

もしこの記事が役に立った!と思ったら、SNSなどでシェアしていただけるとすごく嬉しいです(^^)

こちらのボタンからシェアできます↓


One Reply to “ヒーローズ・ジャーニーから学ぶ、人を動かすストーリーの「型」”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です