ミニマリストと気力ゲージのお話


こんにちは、ねこびよりです。

ちょっと面白い画像を見つけたので、紹介したいと思います。

こちらを見てください↓

気力ゲージと選択の関係

上に載せた画像が何を表しているか、だいたい分かるでしょう。

これは「気力ゲージ」を表現したもので、

何かを選択している時間や、悩んでいる時間が多いほど

「気力ゲージ」がどんどん減っていきます。

人が行動するときには少なからず「気力」を使うんですが、

すぐ決めてすぐ行動する人ほど気力が減りにくいということですね。

何かしらの選択をするときに気力が著しく減っていくわけですが、

私たちは日々の生活で多くの選択をしています。

例えば、

・朝、布団からすぐ出るか、二度寝するか

・ご飯はどこで何を食べるか

・服は何を着ていくか

・靴はどれを履くか

など、あげたら切りがないですね。

もっと細かい選択まで含めると、

人は1日に9000回以上の選択をしているそうです(思ったより多いですね!)。

つまり、その分だけ気力がどんどん減少しているわけです。

気力ゲージを減らさない工夫

もしあなたが、日常生活の中で

「なんとなくダルくてやる気がでない」

という場合は、やる気ゲージが空っぽになっていることが原因でしょう。

だから、できるだけ気力が削られないような工夫が必要です。

先ほども言いましたが、服を着るときには多くの選択が存在します。

トップスはこれ、パンツはこれ、靴下は、靴は・・・というように。

選択する回数を減らすには、極端な話ですが

着るものを1種類にしてしまえばいいのです。

といっても服が1種類しかないのはつらいでしょうから、

月曜日の服、火曜日の服、というように決めておくのがいいかもしれません。

他の選択でも同じことです。

選ぶ種類がたくさんあるから気力ゲージが減るわけなので、

あらゆる選択肢を1つにしてしまえば無駄な気力を使わずに済みます。

ミニマリスト=成功者?

「成功者は同じ服や靴をいくつも持っている」

「成功者にはミニマリストが多い」

という話はよく聞きますよね。

今までの話から考えれば、

これはものすごく合理的であると言えます。

無駄な選択をせずに気力をセーブし、

それによって生まれた時間で仕事をする。

そして、その仕事の中で気力をつかう大きな選択をしているというわけです。

今日のお話は、みなさんもすぐに実践できると思います。

例えば、使うペンをひとつに決めてみたり、

食器を最低限の数にへらしたりもできますね。

ではでは。

ブログで書いて欲しいこと、感想などがあったら気軽にコメントください。

少しでも役に立ったら、ぜひシェアをお願いします!

ネットビジネスの教科書を無料公開中!

私は今、某国立大学に通う21歳の大学生です。

もともとは普通の大学生活を送っていましたが、

ひょんなことからネットビジネスに出会い、

まったくのゼロからネットビジネスをスタートしました。

これまで十数万円を教材に投資して学んだことを踏まえて、

ネットで稼ぐとはどういうことか?

情報発信の本質とは何か?

実際にどんなことをやっていくのか?

を分かりやすくまとめた教科書を作りました。

今回、この電子書籍を期間限定で無料公開しています。

この教科書では、

ネットビジネスが稼ぎやすい理由

ネットビジネスの魅力とメリット

成功するためのマインドセット

DRMの具体的な仕組み

コピーライティングの基礎

文章力をレベルアップする方法

などを大公開しています。

無料で受け取れるので興味のある人は

ぜひ読んでみてくださいね。

「NET BUSINESS COMPLETION:情報発信者のバイブル」を無料で読んでみる

最後まで読んでいただきありがとうございました!

もしこの記事が役に立った!と思ったら、SNSなどでシェアしていただけるとすごく嬉しいです(^^)

こちらのボタンからシェアできます↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です