プロフィール


んにちは、はじめまして!

ねこびよりです。

私は最近「ネットビジネス」というものに出会い、

パソコン一台で起業して

自由に人生をデザインできる世界

があることを知りました。

自分の思い通りの人生を歩みたい。

その第一歩として、このブログ

LIFE LOG POSTS|ねこびよりのブログ

を立ち上げ、情報発信を始めたところです。

ではこの辺で、軽く自己紹介をしますね。

・21歳大学生、女

・自由に生きるためのお金が欲しくてビジネスを始めた

・圧倒的に猫派

・趣味はYouTubeでマイクラ実況をみること

・好きなアーティストはUVERworld

・吹奏楽、ジャズをやっていた

・トロンボーン大好き

・コンビニスイーツに目がない

・バイトはほぼ最低賃金

いたって普通の大学生だし、

どちらかと言えば社会不適合者です。笑

ねこびよりのプロフィール年表

私のプロフィール年表を作ってみました。

0歳(1998年)、茨城県に生まれる。

9歳(2007年)、いわゆる「良い子」として育つ。言われたことをこなし、英会話教室に通い、教師にも信頼される。しかし、そこに「自分の意思」など存在しなかった。何も考えずに「周りが求める自分」を演じていた。

15歳(2013年)、公立高校ではなく私立高校へ進学。始めて自分の意思で進路を決めたのがこの時。両親は公立高校への進学を望んでいた。高校は中学とはまったく異なる環境で、当時は大きな衝撃を受けた(中学はいわゆる底辺校でヤンキーばかりだった)。

18歳(2016年)、高校3年間の努力が報われ某国立大学に進学。大学を卒業して就職する未来を少しも疑わずに、1年目を過ごした。

19歳(2017年)、サークル活動の人間関係がきっかけでそれまで溜め込んでいた感情が爆発。大学に行けなくなり、休学することとなる。軽いうつ状態に。

20歳(2018年)、再び大学へ行き講義を受ける。学費と生活費を稼ぐため、休みの日はほとんどバイトの生活。しかし就職して働くということに疑問を感じるようになり、もやもやした生活が続く。

21歳(2019年)、とある人のブログに出会いネットビジネスの世界を知り、今までの常識が崩れ落ちる。パソコン一台で好きなライフスタイルを送っている人がたくさんいることを知り、自分の未来を変えるためにビジネスへの挑戦を決意。現在に至る。

ざっくりと、今までを振り返って書きました。

私は自分の意思なんてなくて、

周りと同じように決められたレールの上を

進んでいけばいいと思っていた人間でした。

でも、このままではダメだ。

自分が望んでいるのは

毎日、朝から晩まで働き続ける生活じゃない。

一度きりの人生なんだから、

自分のためにもっと自由に生きたい。

そんな思いが強くなっていったとき、

たまたまネットビジネスという世界を知ったんです。

私が見つけた人のブログでは、

誰でも努力次第で稼げるようになるし、

自由に生活することができる

と書いてありました。

半信半疑でその人の情報を読みあさってみると、

「自分でもできるかもしれない。」

不思議とそんな思いがわいてきたんです。

ネットビジネスのことを知れば知るほど、

自分でもできるんだという確信が強くなっていました。

だから、やってみることにしたんです。

行動しないことには未来は永遠に変わりませんから。

自分が信じたことを貫き通せば、

必ず成功が待っていると信じています。

ブログの目的

このブログでは、私がビジネスに挑戦する中で

・勉強したこと

・成功するために持つべきマインド

・思考の身に付け方

・ものごとの新しい視点

・実践した教材

などを自分なりにまとめて

情報発信をしていきたいと思います。

そして、私と同じように

将来に不安があるけどなかなか踏み出せない人が、

新しい一歩を踏み出す勇気を与えたい。

そんな思いでこのブログを運営しています。

ブログ名前である「LIFE LOG」は、

私が生きた証拠・行動した証を残しておきたい。

そんな思いで、この言葉を選びました。

メールマガジンでは・・・

また、

・もっとビジネスを勉強したい!

実際に挑戦してみたい!

という人向けに

ねこびより公式メールマガジンを配信しています。

メルマガの中では、

ブログでは書けないようなことや

もっと具体的な手法についてお話ししています。

初めての人も気軽に楽しめるように

いろんな話題を取り入れていきます。

興味がある人は、ぜひ登録してみてくださいね。

⇒ 詳しくはこちら

※期間限定で無料プレゼントをお渡ししています。

※いつ非公開にするか分からないので気になる人は早めに登録してくださいね(^^)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

それでは!

ねこびより